兵庫

宝塚歌劇の殿堂ひととおり見る所要時間どのくらい?場所とチケット・再入場、殿堂入りした100人もまとめています

宝塚歌劇の殿堂

宝塚歌劇の殿堂はヅカファンにとってはまさに聖地!大劇場を訪れたらぜひ行きたい場所のひとつです。殿堂の場所(入口)、チケットの買い方や再入場、所要時間がどのくらいかかるかetc.お伝えします。殿堂入りした卒業生、スタッフリストも後半に載せています。

歌劇の殿堂、場所はどこ?

殿堂の場所は宝塚大劇場の2F、3Fです。キャトルレーヴの入口横にあるエレベーターで2Fへ上がると殿堂の入口があります。

宝塚歌劇の殿堂へはキャトルレーヴ横のエレベーターで2Fへ

宝塚歌劇の殿堂へはキャトルレーヴ横のエレベーターで2Fへ

歌劇の殿堂、チケットはどこで買えばいい?

殿堂の入館チケットは、殿堂の入口にある受付で購入します。大劇場のチケットカウンターではありませんので気をつけてください。入館料は500円です。

宝塚歌劇の殿堂 入口

宝塚歌劇の殿堂 入口

当日に限り再入場できます

殿堂の入口は2Fで、出口は3Fです。3Fへ上がると2Fに戻ることはできません。でも受付で入館券を見せると当日に限り1回再入場できます。チケットの裏面に日付印が押されますよ。

歌劇の殿堂は、当日に限り1回再入場できます

歌劇の殿堂は、当日に限り1回再入場できます

宝塚友の会会員は割引があります

友の会会員は会員証1枚につき2名まで250円に!この特典はジュニア会員でも使えます。会員証をお忘れなく。

公演チケットで割引はありません

大劇場公演のチケットがあっても割引にはなりません。500円かかります。

公演チケットがなくても入れます

殿堂の入館料は公演とは別です。なので大劇場公演のチケットがなくても入れます。

宝塚歌劇の殿堂、チケットとパンフレット

宝塚歌劇の殿堂、チケットとパンフレット

歌劇の殿堂を見る所要時間はどのくらい?

歌劇の殿堂は2Fが殿堂ゾーン、3Fが企画展・現在の宝塚歌劇ゾーンという構成になっています。

全部しっかり見ようと思ったら、1時間~1時間半は時間をとってください。2Fはあまり展示替えがないので、時間がないなら期間ごとに展示が変わる3Fを中心に見た方がいいです。3Fでは映像(30分程度)が上映されていることもありますので、映像も見るなら余裕をもった予定を立ててくださいね。

混雑をさけてゆっくり見る方法

歌劇公式の混雑予想時間をもとに、表を作ってみましたので参考にしてくださいね。ただその日によって混み具合はちがうので意外に空いていることも。

宝塚歌劇の殿堂、混雑予想時間

宝塚歌劇の殿堂、混雑予想時間

やはりみなさん観劇前後に足を運ぶようですね。ゆっくりできる方は上演中に行くとたいてい空いています。13時公演(1回公演)、11時公演(2回公演)の上演中がねらい目です。

公演の休憩時間に見るという方法も

私は過去に大劇場公演の休憩時間30分を使って殿堂に入ってみたことがあります。2Fはサラッと、3Fは思いのほかしっかり見られましたが、映像コーナーはチラ見程度しかできませんでした。

そして開演5分前のベルが聞こえて焦って客席へ走って戻る、という感じでした。館内は空いていたので、見たいポイントだけゆっくり見るならオススメです。



ここからは歌劇の殿堂をフロアごとにご紹介します。

2F:殿堂ゾーン

2Fは宝塚歌劇の発展に貢献した方々の功績を紹介する殿堂ゾーンです。卒業生66名、スタッフ38名の個人ブースがあり、手形やゆかりの品が展示されています。

入口に個人ブースのマップがありますので、お目当ての方がいたら、場所をチェックしてくださいね。2Fは写真撮影禁止です。

宝塚歌劇の殿堂パンフレット、殿堂ゾーンのマップ

宝塚歌劇の殿堂パンフレット、殿堂ゾーンのマップ

ゆかりの品はその方によってさまざま。
たとえば、初風諄さんがマリー・アントワネットを演じたときに使用された扇。
植田紳爾先生の『風と共に去りぬ』自筆原稿など、長年大切に保管されていた品が展示されています。

こちらはオープン当時のニュース映像。殿堂ゾーンも紹介されています。

それでは3Fへ行きましょう。一度3Fへ行くと2Fには戻れませんので気をつけてください。この窓からの景色がわりと好きです。エレベーターを使いたい方はスタッフさんに声をかけてくださいね。

歌劇の殿堂、2Fから3Fへの階段

歌劇の殿堂、2Fから3Fへの階段

3F:企画展ゾーン、現在の宝塚歌劇ゾーン

3Fはふたつのゾーンに分かれています。3Fは写真撮影OKです。スマホ片手に楽しんでください!

企画展ゾーン

年に数回テーマを設定して展示されています。宝塚歌劇の歴史、海外公演の紹介などテーマはさまざまです。展示に関連した映像が上映されることもあります。

第14回企画展『エリザベート』

第14回企画展『エリザベート』

第14回企画展『エリザベート』のレポートはこちらに書いています。

第16回企画展「男役の美学」

第16回企画展「男役の美学」

第16回企画展「男役の美学」のレポートはこちら。

現在の宝塚歌劇ゾーン

大劇場で上演中の組展示がされています。最近の公演で使った衣装・小道具を近くでじっくり見られます。すぐそこにあるので触りたくなるけどNGです。小道具の体験ができることも。

宙組展示『異人たちのルネサンス』衣装

宙組展示『異人たちのルネサンス』衣装

宙組展示『異人たちのルネサンス』小道具

宙組展示『異人たちのルネサンス』小道具

またフィナーレをイメージしたセットの前で、レプリカの羽根を背負い、シャンシャンを持って記念撮影ができますよ。(映像を上映しているときはフィナーレ衣装の前での撮影になります)

フィナーレ衣装の前でシャンシャンを持って記念撮影できます

フィナーレ衣装の前でシャンシャンを持って記念撮影できます

各組の前任トップスターの手形も

各組の前任トップスターの手形もあります。2Fの手形は触れませんが、3Fの手形は指輪などアクセサリーをはずせば、さわってもOK!ご自分の手を重ねて写真を撮っても大丈夫です。

各組の前任トップスターの手形

各組の前任トップスターの手形

歌劇の殿堂、記念スタンプ

出口を出たところに記念スタンプが置かれています。パンフレットの裏にスタンプを押すスペースがあります。どれにするか迷いますね。パンフには1つしか押せないので、全部押したい方は白紙のご用意を。

宝塚歌劇の殿堂、記念スタンプは3種類ありました

宝塚歌劇の殿堂、記念スタンプは3種類ありました



殿堂入り卒業生とスタッフのリスト(2019年現在)

宝塚歌劇の殿堂ゾーンで紹介されているスターとスタッフのリストです。宝塚歌劇100周年にオープンした当時は100人でしたが、現在は105人に増えています。

殿堂入り卒業生

殿堂入りしている卒業生は67人です。

高峰 妙子
1913-1927
雲井 浪子
1913-1919
天津 乙女
1918-1980
門田 芦子
1919-1938
奈良 美也子
1919-1939
雲野 かよ子
1921-1942
小夜 福子
1921-1942
初音 麗子
1925-1945
草笛 美子
1927-1940
佐保 美代子
1928-1944
葦原 邦子
1929-1939
春日野 八千代
1929-2012
冨士野 高嶺
1929-1972
神代 錦
1930-1989
園井 惠子
1930-1942
久美 京子
1931-1940
打吹 美砂
1932-1972
轟 夕起子
1932-1937
美吉 左久子
1933-1979
天城 月江
1935-1978
沖 ゆき子
1936-1981
深緑 夏代
1936-1955
淡路 通子
1938-1984
大路 三千緒
1939-1980
乙羽 信子
1939-1950
越路 吹雪
1939-1951
月丘 夢路
1939-1943
淡島 千景
1941-1950
久慈 あさみ
1941-1950
南 悠子
1941-1971
故里 明美
1942-1959
宮城野 由美子
1943-1951
明石 照子
1946-1962
新珠 三千代
1946-1955
八千草 薫
1947-1957
淀 かほる
1947-1966
寿美 花代
1948-1963
有馬 稲子
1949-1953
鳳 八千代
1950-1958
星空 ひかる
1951-1965
朝丘 雪路
1952-1955
真帆 志ぶき
1952-1975
麻鳥 千穂
1953-1970
那智 わたる
1953-1968
浜 木綿子
1953-1961
藤里 美保
1953-1964
内重 のぼる
1954-1967
扇 千景
1954-1957
加茂 さくら
1955-1971
葉山 三千子
1957-1996
松本 悠里
1957-
上月 晃
1960-1970
甲 にしき
1960-1974
古城 都
1960-1973
初風 諄
1961-1976
榛名 由梨
1963-1988
鳳 蘭
1964-1979
汀 夏子
1964-1980
安奈 淳
1965-1978
瀬戸内 美八
1966-1983
松 あきら
1966-1982
麻実 れい
1970-1985
峰 さを理
1972-1987
大地 真央
1973-1985
大浦 みずき
1974-1991
剣 幸
1974-1990
遥 くらら
1974-1984

※敬称略、下段は在籍年数

殿堂入りスタッフ

殿堂入りしているスタッフは38人です。

小林 一三
創設者
小林 米三
理事長
小林 公平
理事長
吉岡 重三郎
理事長
引田 一郎
理事長
白井 鐵造
理事長・演出

植田 紳爾
理事長・演出

久松 一聲
理事・演出
岸田 辰彌
理事・演出
水田 茂
理事・演出・振付
高木 史朗
理事・演出
内海 重典
理事・演出
渡辺 武雄
理事・演出・振付
横澤 英雄
理事・演出
鴨川 清作
理事・演出
小原 弘稔
理事・演出
柴田 侑宏
理事・演出
酒井 澄夫
理事・演出
岡田 敬二
理事・演出
草野 旦
理事・演出
三木 章雄
理事・演出
楳茂都 陸平
演出・振付
坪内 士行
演出
河崎 一朗
理事・作曲
高橋 廉
理事・作曲
入江 薫
理事・作曲
中元 清純
理事・作曲
寺田 瀧雄
理事・作曲
吉崎 憲治
理事・作曲
喜多 弘
振付
羽山 紀代美
理事・振付
アキコ・カンダ
振付
石濱 日出雄
装置
渡辺 正男
装置
大橋 泰弘
装置
小西 松茂
衣装
静間 潮太郎
衣装
任田 幾英
衣装

※敬称略



宝塚歌劇の殿堂

場所:宝塚大劇場 2~3階
営業時間:1回公演時 10:00~17:00、2回公演時 9:30~17:00
料金:500円(友の会会員は割引あり)
休館日:宝塚大劇場 休演日
電話番号:0570-00-5100(10:00~18:00/水曜定休)
公式サイト:宝塚歌劇の殿堂

あわせて読みたい


宝塚歌劇の殿堂「Memories of 紅ゆずる」展
宝塚歌劇の殿堂「Memories of 紅ゆずる」を見てきました!スカピン新公の挨拶は必見!!

星組トップスター 紅ゆずるさんのサヨナラ公演が始まっています。退団に合わせて宝塚歌劇の殿堂で開催されている「Memories of 紅ゆずる」を満喫してきました。 くわしくレポートしていますので、これ ...

続きを見る


宝塚歌劇の殿堂・星組展シャンシャンは紅さん使用!霧深きエルベのほとり&エストレージャス

宝塚歌劇の殿堂で「Memories of 紅ゆずる」と同時開催されている星組展『霧深きエルベのほとり&エストレージャス』。シャンシャンは紅さんが使用されたもので、このシャンシャンを持って記念撮影ができ ...

続きを見る

-兵庫
-, ,

© 2020 アラウンド関西