兵庫

宝塚歌劇の殿堂エリザベート展、歴代トートのコスチュームは必見!

歴代トートのタペストリー

宝塚歌劇の殿堂で企画展『エリザベート』を見て来ました。歴代トートがズラリと並んだタペストリーがお出迎え。美しい黄泉の帝王が10人並ぶと壮観ですね!

エリザベート展の内容

公演で着用した衣装・ウィッグ・アクセサリーなどの展示、演出家・小池修一郎先生のインタビュー、歴代キャストの紹介など『エリザベート』の世界に思いをはせることができる空間でした。

エリザベート展のチラシ

エリザベート展のチラシ

『エリザベート』歴代の舞台写真パネル

『エリザベート』歴代の舞台写真パネル

初演時のトート、エリザベートの衣装

花總まりさん着用のエリザベート初演の衣装。美しくて思わず溜息が出ます。

初演時のエリザベートの衣装

初演時のエリザベートの衣装

初演時のトート&エリザベートの衣装

初演時のトート&エリザベートの衣装

エリザベートの衣装アップ

エリザベートの衣装アップ

フィナーレの衣装

こちらはフィナーレで着用した衣装です。

フィナーレの衣装

フィナーレの衣装

歴代トートの衣装、ウィッグ

初演時のエリザベートを囲んで、歴代トートの衣装がずらりと並んでいます。こうしてみると初演のときは地味だったんだんですねぇ。

歴代トートの衣装

歴代トートの衣装

歴代トートの衣装

歴代トートの衣装

そして歴代トップスターのこだわりが感じられるウィッグ。髪の長さ、カラーとメッシュの入り具合、ウェーブの感じなどなど。近くで比べてみると興味深いですね。

歴代トートのウィッグ

歴代トートのウィッグ

こちらはラインストーンがキラキラのスターブーツ。

歴代トートのスターブーツ

歴代トートのスターブーツ



公演で使用されたアクセサリー類

アクセサリーなども展示されていました。こちらはトートの手袋、ブレスレット(麻路さきさん着用)

トートの手袋、ブレスレット(1996年 星組)

トートの手袋、ブレスレット(1996年 星組)

手前はトートのネックレス(瀬奈じゅんさん着用)とエリザベートのネックレス・イヤリング(凪七瑠海さん着用)。

トートのネックレス、エリザベートのネックレス・イヤリング(2009年 月組)

トートのネックレス、エリザベートのネックレス・イヤリング(2009年 月組)

こちらはエリザベートのネックレス・イヤリング・ブレスレット(実咲凜音さん着用)。

エリザベートのネックレス・イヤリング・ブレスレット(2016年 宙組)

エリザベートのネックレス・イヤリング・ブレスレット(2016年 宙組)

映像コーナーも

映像コーナーでは30分の映像が上映されていました。歴代のトート、エリザベート、フランツ、ルキーニ、ルドルフが名曲を歌い継ぐという内容です。歴代の方々を比較しながら一度に見られる必見の映像でした。
過去に2番手以下だった方が、ほとんどトップになっていて驚きです。下に歴代キャストを載せていますので、あわせて見てみてください。

月組で上演中の台本

大劇場で公演中の月組の台本が展示されていました。珠城りょうさんはエネルギッシュで新たなトートを作り上げていました。『エリザベート』は客席の雰囲気も違って、まばたきもせず舞台に魅入っているような感じでした。

大劇場で公演中の月組の台本

大劇場で公演中の月組の台本



エリザベート歴代公演キャスト

歴代公演の主なキャストをまとめてみました。

1996年 雪組 1996年 星組 1998年 宙組 2002年 花組 2005年 月組
トート 一路 真輝 麻路 さき 姿月あさと 春野寿美礼 彩輝 直
エリザベート 花總 まり 白城あやか 花總 まり 大鳥 れい
遠野あすか
瀬奈じゅん
フランツ 高嶺ふぶき 稔 幸 和央ようか 樹里 咲穂 初風 緑
ルキーニ 轟 悠 紫吹 淳 湖月わたる 瀬奈じゅん 霧矢 大夢
ルドルフ 香寿たつき
和央ようか
絵麻緒ゆう 朝海ひかる
樹里 咲穂
夢輝 のあ
彩吹 真央 大空 祐飛

ここまでの5回で全組で上演したことになります。

2007年 雪組 2009年 月組 2014年 花組 2016年 宙組 2018年 月組
トート 水 夏希 瀬奈じゅん 明日海りお 朝夏まなと 珠城りょう
エリザベート 白羽 ゆり 凪七 瑠海 蘭乃 はな 実咲 凜音 愛希れいか
フランツ 彩吹 真央 霧矢 大夢 北翔 海莉 真風 涼帆 美弥るりか
ルキーニ 音月 桂 龍 真咲 望海 風斗 愛月ひかる 月城かなと
ルドルフ 凰稀かなめ 遼河はるひ
青樹 泉
明日海りお
芹香 斗亜
柚香 光
澄輝さやと
蒼羽 りく
桜木みなと
暁 千星
風間 柚乃

『ベルサイユのばら』とともに宝塚を代表する作品となった『エリザベート』。次はいつどの組で上演されるのか、楽しみですね!



第14回企画展

エリザベート展
会場:宝塚大劇場内 宝塚歌劇の殿堂3F
日程:2018年8月24日(金)~12月14日(金)

宝塚歌劇の殿堂

営業時間:1回公演時 10:00~17:00、2回公演時 9:30~17:00
料金:500円(友の会会員は割引あり)
休館日:宝塚大劇場 休演日
電話番号:0570-00-5100(10:00~18:00/水曜定休)
公式サイト:宝塚歌劇の殿堂

あわせて読みたい


宝塚歌劇の殿堂 男役の美学展
宝塚歌劇の殿堂「男役の美学」&宙組展を見てきました!

宝塚大劇場の中にある宝塚歌劇の殿堂に行ってきました!企画展は「男役の美学~群舞で綴る100周年から5年間の名場面~」、組展示は宙組『白鷺の城/異人たちのルネサンス』です。まずは「男役の美学」からご紹介 ...

続きを見る

-兵庫
-, ,

© 2020 アラウンド関西