大阪

ホワイティうめだ・泉の広場がリニューアル!NAKEDネイキッドが手がける「Water Tree」

2019-12-22

リニューアルしたホワイティうめだ「泉の広場」

ホワイティうめだの待ち合わせスポット「泉の広場」がリニューアルしましたね。そして泉の広場エリアに新しいお店もオープン。今回はNAKEDネイキッドが制作した「Water Tree」をチェックしてきました。

スタイリッシュに生まれ変わった「泉の広場」

12月5日にリニューアルした「泉の広場」。「Water Tree」は泉から伸びている大木に葉が茂り、実がついているような感じです。

ネイキッドが制作した「Water Tree」

ネイキッドが制作した「Water Tree」

枝や葉にはステンレスが使われていて、照明を反射しています。葉には葉脈もあってニュアンスのある陰影がついていますね。そして連なったクリスタルが水をイメージさせる、スタイリッシュで未来的な雰囲気。

枝・葉にはステンレス、クリスタルが使われています

枝・葉にはステンレス、クリスタルが使われています

床にはLED照明の光が落ちて、水面のよう。

床には水面がゆらめいているよう

床には水面がゆらめいているよう

これまでの大理石でできた噴水と比べると、ぐっとシンプルになって通行しやすくなった印象を受けました。

時間帯・季節ごとに楽しめる「泉の広場」

地下街にある「泉の広場」ですが、「Water Tree」は時間帯や季節によって姿を変えるそう。

「Water Tree」に使われているのはフルカラーLED照明。内部に赤・青・緑の3つのLEDが入っていてフルカラーを表現できます。短時間のあいだにも白、青などに変わっていました。

昼間を思わせる白い照明

昼間を思わせる白い照明

泉を思わせる青い照明

泉を思わせる青い照明

木を表している素材はシンプルながら、LED照明によってさまざまに変化する「Water Tree」。待ち合わせの時間も楽しめそうですね。

オープン時にはネイキッドの代名詞「BIG BOOK」が

ネイキッドのプロジェクションマッピングによく使われている「BIG BOOK」がありました。巨大な本に映し出される映像に驚いて、足を止めている方がたくさんいました。この「BIG BOOK」は12月のリニューアルオープン時だけで、1月に再訪したときにはありませんでした。

ネイキッドの「BIG BOOK」

ネイキッドの「BIG BOOK」

「泉の広場」はこれまでにも改装されていて、1970年の初代、1981年の2代目、そして2002年の3代目へのオマージュのような映像でした。最後にリニューアルされた「泉の広場」も登場。

「BIG BOOK」に新しくなった「泉の広場」が映し出されています

「BIG BOOK」に新しくなった「泉の広場」が映し出されています

動画で撮ってきましたので、あわせてどうぞ。長さは34秒です。ちょうどこの裏で福引きをしていて当たった方がいたらしく、最後にベルの音が入っています。

時代とともに変わってきた「泉の広場」。4代目の「Water Tree」が新たなシンボルとして誕生し、リニューアルされたホワイティうめだもグッと魅力的になりましたね。



ホワイティうめだ

公式サイト:ホワイティうめだ

ネイキッド好きな方はこちらもオススメ。

-大阪
-,

© 2020 アラウンド関西