京都

二条城に鳳凰が舞う!プロジェクションマッピング(フラワーズバイネイキッド)&紅葉ライトアップが華やかに秋の夜を彩る

2019-11-17

二条城の隅櫓を背景にしたFLOWERS BY NAKEDの「BIG BOOK」

二条城でプロジェクションマッピング「FLOWERS BY NAKED 2019」を見て来ました!ライトアップや色づき始めた紅葉もあわせて楽しめます。

美しく舞う鳳凰、色とりどりの花たちが華やかに彩る二条城の夜。昼間の姿と対比しながらレポートします。プロジェクションマッピングのクライマックスは動画でもご紹介しています。

FLOWERS BY NAKED 2019

フラワーズ バイ ネイキッド2019は二条城の唐門に住まう鳳凰が花の精となり、秋の二条城を彩るというストーリー。幻想的なプロジェクションマッピングや音楽、そして和を感じる香りも漂っていました。二の丸庭園もライトアップされて、池に映る木々も美しいです。

それでは二条城の昼と夜をお楽しみください♪

二条城 塀「オープニング」

東大手門を入ると目の前にある塀。昼間は気にもとめず通りすぎてしまいますが、夜はプロジェクションマッピングがお出迎え。どんな世界が広がっているのかワクワクしてきます。

塀に映し出された「FLOWERS BY NAKED 2019 」タイトル

塀に映し出された「FLOWERS BY NAKED 2019 」タイトル

昼間に見る塀はこんな感じ

昼間に見る塀はこんな感じ

二条城 東大手門「BIG BOOK」

人の背丈よりも高さのある本のオブジェ。パラパラと本がめくれていくと、鳳凰が本から抜け出して唐門へと飛んで行きます。

パラパラとめくれていくBIG BOOK

パラパラとめくれていくBIG BOOK

昼間に見たBIG BOOK

昼間に見たBIG BOOK

【動画】二条城 東大手門「BIG BOOK」

画像だけでは伝えきれないので動画もアップしました。こちらの動画は10秒です。ポップアップ画面で再生し、音が出ます。現地で楽しみたい方はスルーしてくださいね。

二条城 唐門「秋風」

唐門にも描かれている鳳凰が両側に伸びる塀を舞い、唐門を通り抜けて二の丸御殿へと飛び立っていきます。昼間でも華やかで見ごたえのある唐門ですが、プロジェクションマッピングでさらにキラキラです。

プロジェクションマッピングで唐門がさらに華やかに

プロジェクションマッピングで唐門がさらに華やかに

昼間でも荘厳で美しい唐門

昼間でも荘厳で美しい唐門

【動画】二条城 唐門「秋風」

こちらの動画は16秒です。

二条城 二の丸御殿「立秋」

御殿の中を舞っている鳳凰の影が、水墨画のように映し出されます。いきなり襖があいたかと思うと、中から色とりどりの秋の花々が。鳳凰が優雅に羽ばたき、内堀へと誘います。

二の丸御殿から飛び出してきた花々

二の丸御殿から飛び出してきた花々

昼間に見た二の丸御殿

昼間に見た二の丸御殿

【動画】二条城 二の丸御殿「立秋」

こちらの動画は25秒です。

二条城 内堀「秋宵」

内堀の石垣がくずれると、秋の花々のなかを舞う鳳凰の姿が。水面にもプロジェクションマッピングが浮かんでいます。

内堀の塀・水面に映るプロジェクションマッピング

内堀の塀・水面に映るプロジェクションマッピング

内堀にはコイがいて、昼間は餌やりができます

内堀にはコイがいて、昼間は餌やりができます

【動画】二条城 内堀「秋宵」

こちらの動画は52秒です。

二条城 清流園「鳳凰の涙」

清流園では鳳凰の涙に見立てたシャボン玉が飛んでいました。紅葉やライトアップとあいまって幻想的なのですが、機械の下にはすごいアワアワが。ここは改良の余地あり?

清流園のライトアップ

清流園のライトアップ

清流園の木々が色づいてきていました

清流園の木々が色づいてきていました

清流園で見つけた紅葉

清流園で見つけた紅葉

二条城 台所「鳳凰」

フィナーレは池坊とのコラボレーション。鳳凰が秋を運びこむとリアルな花々があらわれます。奥行きのある空間で伝統文化とデジタルアートが一つにとけあい、見ごたえがありました。

池坊とのコラボレーションでフィナーレ

池坊とのコラボレーションでフィナーレ

【動画】二条城 台所「鳳凰」

こちらの動画は37秒です。

二条城 台所「古今の円窓 ~秋の七草~」

円窓に近づくと窓があいて撫子など秋の七草が咲くインタラクティブなアート。近づいても窓があかなかったり、簡単にあいたり。

秋の七草があらわれるプロジェクションマッピング

秋の七草があらわれるプロジェクションマッピング

昼間に見た台所

昼間に見た台所



二条城のライトアップ

「FLOWERS BY NAKED 2019」に合わせて城内がライトアップされています。

まずは入口の東大手門。ここから城内に入ります。

東大手門のライトアップ

東大手門のライトアップ

そして唐門。プロジェクションマッピングが終わると、少しだけ映像がない時間が。暗闇のなかに浮かびあがる金色の装飾が美しいです。

唐門のライトアップ

唐門のライトアップ

唐門を入ると二の丸御殿 車寄せがライトアップされています。昼間はここから二の丸御殿の中に入れますが、夜間は入れません。

二の丸御殿 車寄せのライトアップ

二の丸御殿 車寄せのライトアップ

二の丸御殿のなかに明かりがついていて、欄間(らんま)の彫刻が浮かびあがっています。

二の丸御殿のライトアップ

二の丸御殿のライトアップ

二の丸庭園もライトアップ。石や木々が水面に映りこんでいて幽玄な雰囲気です。

二の丸庭園のライトアップ

二の丸庭園のライトアップ

二の丸庭園、昼間はこんな感じでした

二の丸庭園、昼間はこんな感じでした

隅櫓のライトアップは外からも見ることができますね。

隅櫓のライトアップ

隅櫓のライトアップ



FLOWERS BY NAKED 2019 開催期間と料金

「FLOWERS BY NAKED 2019」の基本情報をまとめておきます。

開催期間

2019年10月26日~12月8日
17:30~22:00(入場開始 17:45/最終入場 21:00)

入場料

大人(中学生以上)1,400円
小学生 800円

チケット取扱

二条城発券所
チケットぴあ、イープラス、CNプレイガイド、ローチケ、セブンチケット、楽天チケット

FLOWERS BY NAKED 2019 チケットの購入方法

チケットは二条城で当日17:30から購入することができます。

二条城まつりのチラシ、FLOWERS BY NAKEDのチケット

二条城まつりのチラシ、FLOWERS BY NAKEDのチケット

私は金曜日の18時頃に行きましたが70人くらい並んでいて、5分ほどでチケットを買うことができました。

窓口は2つしかなかったので、土日は混雑すると思われます。時間を有効に使いたい方は各種プレイガイドで事前に購入するのがオススメです。

二条城でチケットを購入するときの支払方法

当日、二条城でチケットを購入するなら現金のみです。昼の拝観料はクレジットカード、電子マネーも使えるのですが、夜は窓口に「現金のみ」と書かれていました。

FLOWERS BY NAKED 2019の所要時間

「FLOWERS BY NAKED 2019」はところどころで写真を撮りながら見るなら1時間ほどで回れます。

ただプロジェクションマッピングは動きがあるので、タイミングが難しく何枚も撮ることに。さらに動画を取ったりすると時間がかかります。私は2時間いましたが、だんだん寒くなってきて冷えきってしまいました。ぜひあたたかい服装でお出かけくださいね!

城内ではこんな明かりが足元を照らしてくれます

城内ではこんな明かりが足元を照らしてくれます

FLOWERS BY NAKEDのオリジナルグッズも

出口近くのテントで花みくじ、ポストカードやマスキングテープなどのオリジナルグッズ、お土産を買うことができます。大休憩所も営業していましたよ。

FLOWERS BY NAKEDのオリジナルグッズも

FLOWERS BY NAKEDのオリジナルグッズも



大休憩所で買えるお土産はこちらで書いています。

ネイキッドのプロジェクションマッピングは六本木ミッドタウンでの「FLOWERS」、表参道ヒルズでの「SWEETS」を見たことがありますが、どちらも屋内。二条城は屋外でのプロジェクションマッピングなのでスケールが違いました。

また昼間に見ると何でもない塀や石垣が、夜になるとまったく雰囲気が変わってしまうのも面白かったです。白に近い大きな面積がある場所はスクリーンにぴったりなんですね~。二条城で幻想的なプロジェクションマッピングを楽しんでくださいね!

世界遺産 元離宮 二条城

アクセス:京都市営地下鉄「二条城前」、市バス「二条城前」
休城日:年末 12月29日~31日
住所:〒604-8301
京都市中京区二条通堀川西入二条城町541
電話番号:075-841-0096
公式サイト:世界遺産 元離宮 二条城

あわせて読みたい


天皇陛下即位の御朱印と二条城のパンフレット
二条城の御朱印(令和限定)を入城の記念にいただきました!値段と受付時間、場所もまとめています

二条城で令和元年限定の御朱印をいただきました。二条城はお寺・神社ではなくお城なので正しくは入城記念符といいます。一枚いくらなのか値段と受付時間、いただける場所もまとめています。 ※入城記念符ではちょっ ...

続きを見る

-京都
-,

© 2020 アラウンド関西