大阪

ニフレルのミニカバ赤ちゃんタムタムに会える時間は?ホワイトタイガー、放し飼いの動物たちもすぐそこに!

2019-07-29

ホワイトタイガーのアクア

ミニカバの赤ちゃん、タムタムホワイトタイガーニフレルの2Fにいます。ほかにも放し飼いにされた猿、フクロウ、ペリカンなどが間近にいて自由に動き回っています。ニフレルで会える動物たちをゾーンごとにまとめてみました。ミニカバ親子に会える時間もお伝えします。

ニフレル 展示ゾーン6:みずべにふれる

このゾーンにいるのはホワイトタイガー、ワニ、そしてミニカバの親子。水中で過ごす様子も見ることができますよ。

ミニカバ親子に会える時間

ミニカバの赤ちゃん「タムタム」、お母さんの「フルフル」の親子に会えるのは、毎日オープンから15:00までです。15:00以降はお父さんの「モトモト」だけです。

ミニカバの赤ちゃん「タムタム」、お母さんの「フルフル」はオープンから15:00まで

ミニカバの赤ちゃん「タムタム」、お母さんの「フルフル」はオープンから15:00まで

タムタムに会いたい方は、遅くとも14:30までには入館してください。というのはタムタムは2Fにいるため、そこまでの魚たち、ワンダーモーメンツをサーッと見ているだけでも30分くらいかかってしまうんです。

余裕をもって見たい方は14:00までには入ったほうがいいです。子連れだったり、写真を撮りたいならもっと早く入ることをおすすめします。

ミニカバ親子、フルフルとタムタム

ミニカバ親子、フルフルとタムタム

2/21に生まれたタムタム。水の中をあっちこっち動き回るミニカバ親子の前には人だかりができています。

赤ちゃんのタムタムがボールで遊んでいます。かわいい!

赤ちゃんのタムタムがボールで遊んでいます。かわいい!

ホワイトタイガー

ホワイトタイガーの名前はアクア。アクアがいる足元はアミになっているので、下からのぞくと肉球が見えます♪

ホワイトタイガーのアクア

ホワイトタイガーのアクア

イリエワニ

ワニって水中ではこうなっているんですね。獰猛なイメージがありますが、代謝が低いため3ヶ月は絶食しても大丈夫なんだとか。爬虫類は苦手なのでチラ見だけ。

イリエワニ

イリエワニ



ニフレル 展示ゾーン7:うごきにふれる

このゾーンではサル、フクロウ、ペリカン、カピバラ、カメなどが放し飼いになっています。鳥が飛んできてびっくりすることも。タイミングが合えば餌やりも見られますよ。

飼育スタッフさんに伺うと餌付けはしていないそう。一緒にいても大丈夫な動物を選んで放し飼いにしているんだとか。

うごきにふれるゾーン。ワニが壁から出迎えてくれます

うごきにふれるゾーン。ワニが壁から出迎えてくれます

ワオキツネザル

猿は群れになっていて、ながめていると視線が合うこともあってドキッとします。おとなしくて飛びかかってくることもありませんでした。

水を飲むワオキツネザル

水を飲むワオキツネザル

カピバラ、カメ

カピバラとカメは動くようすもなく、まったりとしていました。

カピバラ、ケヅメリクガメ、アルダブラゾウガメ

カピバラ、ケヅメリクガメ、アルダブラゾウガメ

オウギバト

このブルーグレーの鳥はハトなんですね。つくりものかと思うほど固まっていましたが、いきなり動いてびっくりです!

オウギバト

オウギバト

モモイロペリカン

長いくちばしで水を飲んだりしていました。のどの袋は10Lほどの容量があるとか。

モモイロペリカン

モモイロペリカン

アナホリフクロウ

フクロウのなかで最も足が長いアナホリフクロウ。羽毛がふわふわしています。

アナホリフクロウ

アナホリフクロウ

アメリカビーバー

ビーバーって水中では後ろ足が広がって水かきになるんですね。木をかじっている様子がかわいい!

アメリカビーバー

アメリカビーバー

ケープペンギン

ペンギンもたくさんいました。水槽の中をスーッと泳ぐ様子も見られます。

ケープペンギン

ケープペンギン

ケープペンギンの泳ぐ様子も見られます

ケープペンギンの泳ぐ様子も見られます

ほかにもカワウソやキツツキの仲間・オニオオハシなどがいました。動物たちを近くで見られるこのゾーン。面白いですが屋内のためか動物臭いです・・・

ニフレルのチケットは事前購入がおすすめ

ニフレルに入るにはチケットが必要になります。

ニフレルの入館料

大人(16歳以上) 2,000円
こども(小・中学生) 1,000円
幼児(3歳以上) 600円

土日、夏休みなど混雑している日は並んで買うことになります。事前にアソビューでWebチケット(30日間有効)を購入しておくと並ばずに済みますよ。スマホがあればQRコードで入館できるので、直接ニフレルの入口に行けばOK。ポイント還元もあるからお得!です。

アソビューでニフレルを見てみる

魚たちの展示ゾーンはこちらで書いています。あわせてどうぞ。



ニフレル

アクセス:大阪モノレール・万博記念公園駅下車、徒歩2分
営業時間:10:00~20:00(季節により異なります)
料金:大人(16歳以上)2,000円、こども(小・中学生)1,000円、幼児(3歳以上)600円
休館日:年中無休
住所:大阪府吹田市千里万博公園2-1 EXPOCITY内
電話番号:0570-022060(ナビダイヤル)
公式サイト:ニフレル

-大阪
-, , ,

© 2020 アラウンド関西